猛暑はやっぱりアイスが食べたい!健康管理アプリから集計した人気アイスはあのメーカーの〇〇でした!

カロミル食生活実態調査では、ヘルスケアアプリ「カロミル」ユーザーの食事登録データから様々な食事メニューの消費動向を調査しています。毎日暑い日が続いているとどうしても食べたくなるアイス。スーパーやコンビニでもついつい手が伸びてしまいますよね。そこで今回は、2020年7月1日から8月13日までのアイスの喫食ランキングについてご紹介します!

※喫食:食事をすること。特に楽しんでおいしくたべることをいう。

利用データ:食事データ分析ツール

▼猛暑の夏!アイスランキング栄えある1位は?

そもそも「アイス」とは細かく分けると4種類あります。「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」「氷菓」で、乳成分の含有量によって分けられています。ハーゲンダッツなど濃厚でコクのある味わいを楽しめるのが「アイスクリーム」、濃厚でコクがありながらもさっぱりとした味の「アイスミルク」、クーリッシュのようなシャリシャリ感を味わえる「ラクトアイス」、ガリガリ君など、かき氷や果汁を凍らせたような「氷菓」の4つに分けられます。

アイスの分類

猛暑の夏。みなさんが手に取るアイスはどのアイスでしょうか?結果を見ていきましょう!

        <表1>アイスの喫食ランキング20位 総合ランキング                       ※1万人の食事データ:アイスが食べられた回数は10368回(n=10368)

1位は森永製菓「チョコモナカジャンボ」、2位は井村屋「あずきバー(BOX)」、3位は森永製菓「アイスボックス(グレープフルーツ)」となりました。

上位20位まで、江崎グリコが7種、森永製菓が3種、森永乳業が2種、明治が2種、井村屋が2種、ココス・Mrs. Freeze・赤城乳業・ハーゲンダッツがそれぞれ1種ランクインしています。

さすがは健康管理に気遣うカロミルユーザー、糖質を抑えたシリーズの「SUNAO」(江崎グリコ)が3種ランクインしています。井村屋「あずきバー」は単品とBOXでそれぞれランクイン。

 

ちなみに20位までのアイスを種類に分けるとこのような結果になりました。

          <表2>アイスの種類アイスの分類別-1

アイスクリームが4種、アイスミルクが6種、ラクトアイスが4種、氷菓が5種という結果に。(ココスのバニラアイスは表記がなかったためカウントなし)

森永製菓の「モナカジャンボ」はチョコとバニラで、江崎グリコの「SUNAO」も味によってアイスの分類が変わるのは面白いですね。初めて食べるときには、アイスの種類の表記を参考に自分好みのものを選ぶのも良いかもしれません。

 

次に男女別でみてみます。まずは女性です。

        <表3>女性ランキング女性ランキング-1

1位は森永製菓「チョコモナカジャンボ」、2位は森永乳業「ピノ」、3位は江崎グリコ「SUNAO(バニラ)」となりました。1位から5位まではかなりの僅差となっています。

 

次は男性です。1位は森永製菓「チョコモナカジャンボ」、2位は井村屋「あずきバー(BOX)」、3位は森永製菓「アイスボックス(グレープフルーツ)」となりました。こちらも1位から5位までは僅差となりました。

        <表4>男性ランキング男性ランキング-1

 

性別別でランキングを見てみると、女性の方がアイス消費量が多く、食事回数でいうと1.5~2倍の差がみられました。
また、女性ではトップ20位ランク外の赤城乳業「ガリガリ君ソーダ」が男性では5位に入っています。ガリガリ君人気を支えているのは男性ユーザーなのでしょうか?

性別別のランキングをみると少し差はありましたが、総合、性別別ともに堂々の1位は森永製菓の「チョコモナカジャンボ」でした!

 

 

▼森永製菓「チョコモナカジャンボ」、根強いファンが人気の秘密?

次からは森永製菓「チョコモナカジャンボ」を掘り下げてみてみたいと思います。

表5は、森永製菓「チョコモナカジャンボ」をユーザーが食べた回数を縦軸に、食べた回数に該当するユーザー数を横軸にとったものです。この期間で225人が「チョコモナカジャンボ」を1回食べたとする一方、23回食べたというユーザーもいます。

 

        <表5>森永製菓チョコモナカジャンボを食べた回数別ユーザー数喫食頻度

 

次に食事時間でみてみると、15時が一番多く102人、次いで18時が68人、12時が48人という結果でした。22時以降や、0時から4時といった朝方に食べる方もいるようです。

        <表6>森永製菓チョコモナカジャンボ食事時間喫食時間

 

まとめ

今回は、カロミル編集部担当者があまりの暑さにアイスを食べたくなることから始めた調査でした!

お盆は明けましたが、まだまだ暑い日が続きそうです。一般的にカロリーが高いといわれているアイスですが、食事管理をしながらも食べたいものは我慢せずに、美味しく食べたいですね。夏バテしないためにも食欲があるときにはしっかり食べていきましょう!

ライフログテクノロジー社の「食事データ分析ツール」を使えば、一般料理名(自炊時)、商品名(市販の食品)、外食メニュー名で、年代、性別、体型といった属性別の食事データや都道府県別で集計した統計データを分析することができます。お気軽にお問い合わせください(info@calomeal.com)。

~「食事データ分析ツール」無料モニター募集中~
モニター募集について:プレスリリース
お申込みはコチラ:Google フォーム

データの算出方法

AIが食事を数値化する栄養管理・ダイエットアプリ「カロミル」のデータを元に算出しました。

※このデータは同一人物の複数回数入力を含みます。

カロミルは、カロリーのみでなく、糖質やたんぱく質の管理ができるようになっていますので、ロカボ・ダイエットや糖質制限にもご活用いただいています。

また、塩分や食物繊維の計算・記録もできますので、ダイエットのみならず、栄養バランス管理で健康管理にお役立ていただいています。