【ハンバーガー・サンドウィッチ編】ヘルスケアアプリの食事データから集計、外食店の利用調査

カロミル食生活実態調査では、ヘルスケアアプリ「カロミル」ユーザーの食事登録データから様々な食事メニューの消費動向を調査しています。
今回は、ダイエットや美容・健康への意識の高いカロミルユーザーが「ハンバーガー/サンドウィッチ店」をどのように利用しているのかを調べました。
利用データ:カロミル食生活実態調査 2018年

■1位は不動のマクドナルド、ハンバーガー・サンドウィッチチェーンの利用動向

前回は「ファストフード系外食」の利用データをいくつかのカテゴリーに分類して分析しました。今回はそのカテゴリーのなかでどのような店舗を利用しているのかを詳しく見てみます。まずは、登録数が最も多かった「ハンバーガー/サンドウィッチ店」から確認してみましょう。

表1.「ファストフード系ハンバーガー/サンドウィッチ店」登録数合計ランキング

店舗名 登録数 構成比
マクドナルド 70,548 56.1%
モスバーガー 14,456 11.5%
サブウェイ 14,414 11.5%
ケンタッキーフライドチキン 9,614 7.6%
フレッシュネスバーガー 8,181 6.5%
ファーストキッチン 4,243 3.4%
ロッテリア 2,386 1.9%
バーガーキング 1,742 1.4%
ベッカーズ 176 0.1%
ハンバーガー・サンドイッチ店計 125,760  

※2018カロミル食生活実態調査データ ファストフード系外食メニュー摂取状況篇
※各店の登録数データは、ファストフード系外食TOP1000のうち、それぞれの店舗メニューによる食事記録登録数の年間合計です

グラフ1.「ファストフード系ハンバーガー/サンドウィッチ店」登録数合計ランキング

49_img03※2018カロミル食生活実態調査データ ファストフード系外食メニュー摂取状況篇

1位は「マクドナルド」で半数以上を占めています。
2位・3位はほぼ同数で「モスバーガー」「サブウェイ」、4位と5位も僅差で「ケンタッキーフライドチキン」「フレッシュネスバーガー」でした。

この結果については、3位に「サブウェイ」があがっている点から“やはりカロミルユーザー!”という印象を持ちましたが、皆さまはいかがでしょうか。
参考までに、以下の表2.は2017年11/12付け「ライブドアニュース」によるファストフードチェーンの店舗数ランキングです。「サブウェイ」の店舗数は「マクドナルド」の10分の1、「ケンタッキーフライドチキン」の3分の1です。

表2.「ファストフード系ハンバーガー/サンドウィッチ店」全国店舗数ランキング

順位 ハンバーガー/サンドウィッチ店 店舗数
1位 マクドナルド 2,902
2位 モスバーガー 1,353
3位 ケンタッキーフライドチキン 1,145
4位 ロッテリア 360
5位 サブウェイ 349
6位 フレッシュネスバーガー 167
7位 ファーストキッチン・ウェンディーズ 126
8位 バーガーキング 98

※2017.11.12付 ライブドアニュースより
※現在の店舗数とは異なる場合があります

 

店舗数から考えると「サブウェイ」はカロミルユーザーのなかで非常に健闘していると言えるでしょう。やはりカロミルユーザーは「選んで」いるように見えます。

ちなみに、世界における店舗数が最も多いチェーン店は「サブウェイ」です。

1位 サブウェイ :43,912店

2位 マクドナルド :37,241店

3位 スターバックスコーヒー :27,339店

※2018.8.25付 Web記事FRONTROW より
※現在の店舗数とは異なる場合があります

別の切り口からも一般的なデータと比較してみます。
マイボイスコム2019.9月実施の「第9回『ファストフードの利用』に関するインターネット調査」によると、

表3.直近1年以内に利用したファストフード店

順位 店舗名 利用率
1位 マクドナルド 76.5%
2位 ケンタッキーフライドチキン 43.1%
3位 ミスタードーナツ 41.7%
4位 モスバーガー 33.2%
5位 ロッテリア 10.8%
6位 サブウェイ 9.5%
7位 バーガーキング 5.0%
8位 フレッシュネスバーガー 4.0%
9位 ファーストキッチン 3.6%

※マイボイスコム2019.9月「第9回『ファストフードの利用』に関するインターネット調査」より
※ハンバーガー・サンドウィッチ店以外も含まれています
※調査方法:複数回答可能

同じくマイボイスコムが2017.9月に実施した「第8回『ファストフードの利用』に関するインターネット調査」では「最も好きなファストフード店」というランキングデータもあります。

表4.最も好きなファストフード店

順位 店舗名 利用率
1位 マクドナルド 25.7%
2位 モスバーガー 25.0%
3位 ケンタッキーフライドチキン 14.8%
4位 ミスタードーナツ 7.6%
5位 サブウェイ 5.1%

※マイボイスコム2017.9月「第8回『ファストフードの利用』に関するインターネット調査」より
※ハンバーガー・サンドウィッチ店以外も含まれています
※回答は1つのみ選択可能

表3.および表4.を見てもハンバーガー・サンドウィッチ店の上位は「マクドナルド」「モスバーガー」「ケンタッキーフライドチキン」の3強が圧倒的な強さを見せています。これらのデータからも、カロミルユーザーが「ケンタッキーフライドチキン」よりも「意識的に」「サブウェイ」を選択していると言えそうです。

それではカロミルユーザーが利用している店舗TOP5ではそれぞれどのようなメニューが選ばれているのか見てみましょう。

 

■チェーン別、人気メニューランキング

表5.店舗別メニュー登録数ランキングTOP10 【マクドナルド】

順位 店舗名+メニュー名 登録数 登録ユーザ数
1 マクドナルド マックフライポテト 14,006 9,057
2 マクドナルド チキンマックナゲット 5ピース 6,719 3,934
3 マクドナルド ハッシュポテト 3,082 1,778
4 マクドナルド ダブルチーズバーガー 2,700 1,804
5 マクドナルド ハンバーガー 1,688 1,146
6 マクドナルド プレミアムローストアイスコーヒー 1,546 689
7 マクドナルド 塩・コショウ 1,535 477
8 マクドナルド サイドサラダ 1,530 998
9 マクドナルド カフェラテ 1,514 914
10 マクドナルド てりやきマックバーガー 1,488 1,120

※2018カロミル食生活実態調査データ ファストフード系外食メニュー摂取状況篇
※同一メニューは異なるサイズのデータも全て合算しています

1位は総合ランキングでも出ていたように「マックフライポテト」が圧倒的ですね。2位は「チキンマックナゲット」、3位は朝メニュー限定の「ハッシュポテト」と、サイドメニューがTOP3を占めました。

ハンバーガーメニューでは3品がランクインし、4位の「ダブルチーズバーガー」が最上位で、5位の「ハンバーガー」、10位の「てりやきマックバーガー」と続きました。8位には「サイドサラダ」もランクインしており、利用する際にはドリンクやサイドメニューなどを組み合わせてできるだけ栄養素が偏らないようにしている様子が見えてきます。

そして、やはりカロミルユーザー!と感じた点は、7位に「塩・コショウ」があがっていたところです。やはりダイエットや美容・健康への意識が高いカロミルユーザーは「カロリー」や「脂質」だけでなく「塩分」についてもしっかり記録する姿勢があるのだと感心しました。

表6.店舗別メニュー登録数ランキングTOP10 【モスバーガー】

順位 店舗名+メニュー名 登録数 登録ユーザ数
1 モスバーガー チキンナゲット 5コ入り 1,337 889
2 モスバーガー フレンチフライポテト 1,023 816
3 モスバーガー オニポテ(フレンチフライポテト&オニオンフライ) 806 624
4 モスバーガー クラムチャウダー 796 574
5 モスバーガー モスチキン 776 583
6 モスバーガー 和風ドレッシング<減塩タイプ> 630 376
7 モスバーガー モスの菜摘(なつみ)テリヤキチキン 605 389
8 モスバーガー テリヤキチキンバーガー 474 345
9 モスバーガー モスバーガー 408 336
10 モスバーガー モスの菜摘(なつみ)モス野菜 396 289

※2018カロミル食生活実態調査データ ファストフード系外食メニュー摂取状況篇
※同一メニューは異なるサイズのデータも全て合算しています

次は「モスバーガー」です。上位5メニューは「マクドナルド」と同様にサイドメニューですね。4位の「クラムチャウダー」は安定感のある美味しさで、モスバーガーの定番人気メニューです。
ハンバーガーメニューは7位から10位までの4品でしたが、そのうちの2品は「菜摘シリーズ」でバンズの代わりに具材をレタスではさんだヘルシーを謳ったメニューです。低糖質・低カロリー・野菜たっぷりということでカロミルユーザーならではのチョイスと言えます。

表7.店舗別メニュー登録数ランキングTOP10 【サブウェイ】

順位 店舗名+メニュー名 登録数 登録ユーザ数
1 サブウェイ えび 1,967 857
2 サブウェイ シーザードレッシング 1,933 681
3 サブウェイ BLT(サンドイッチ) 782 582
4 サブウェイ ローストチキン(サンドイッチ) 666 378
5 サブウェイ えびアボカド(サンドイッチ) 592 430
6 サブウェイ ローストビーフ~プレミアム製法~ (サンドイッチ) 483 329
7 サブウェイ ホットコーヒー  447 102
8 サブウェイ オーブンポテト 410 254
9 サブウェイ てり焼きチキン(サンドイッチ) 336 240
10 サブウェイ ターキーブレスト(サンドイッチ) 320 221

※2018カロミル食生活実態調査データ ファストフード系外食メニュー摂取状況篇
※同一メニューは異なるサイズのデータも全て合算しています

次は「サブウェイ」です。1位は「えび」ということでトッピングメニューですね。さすがカロミルユーザー、「えび」をトッピングしてタンパク質豊富なメニューにカスタマイズしているようです。
「マクドナルド」「モスバーガー」と異なる傾向は、サンドイッチがTOP10に6品ランクインしています。ポテトやドリンクなどのサイドメニューは2品のみと、「サブウェイ」はサンドイッチそのもので栄養バランスがとれて満足できていることがうかがえます。

表8.店舗別メニュー登録数ランキングTOP10 【ケンタッキーフライドチキン】

順位 店舗名+メニュー名 登録数 登録ユーザ数
1 ケンタッキー オリジナルチキン 5,975 3,163
2 ケンタッキー カーネリングポテト 2,304 1,655
3 ケンタッキー カーネルクリスピー 1,834 1,170
4 ケンタッキー コールスロー 1,748 1,193
5 ケンタッキー 骨なしケンタッキー 1,224 885
6 ケンタッキー ビスケット 1,031 742
7 ケンタッキー ナゲット5ピース 653 501
8 ケンタッキー チキンフィレサンド 604 432
9 ケンタッキー 野菜たっぷりツイスター ペッパーマヨ 430 333
10 ケンタッキー 和風チキンカツサンド 387 309

※2018カロミル食生活実態調査データ ファストフード系外食メニュー摂取状況篇
※同一メニューは異なるサイズのデータも全て合算しています

次は「ケンタッキーフライドチキン」です。やはり看板メニューである「オリジナルチキン」が圧勝の1位です。上位にはサイドメニューである「ポテト」「コールスローサラダ」「ビスケット」と、チキン関連メニューがランクインしており、単品メニューを組み合わせて自分好みの食事をカスタマイズしているようです。8位から10位はサンドイッチメニューでした。

表9.店舗別メニュー登録数ランキングTOP10 【フレッシュネスバーガー】

順位 店舗名+メニュー名 登録数 登録ユーザ数
1  フレッシュネスバーガー チャイ ホット 192 140
2  フレッシュネスバーガー カモミールティー ホット 181 120
3  フレッシュネスバーガー フライドポテト 177 150
4  フレッシュネスバーガー ミニドーナツ (プレーン) 157 121
5  フレッシュネスバーガー マッシュルームクリームスープ~豆乳仕立て~ 140 116
6  フレッシュネスバーガー ローズヒップティー 121 74
7  フレッシュネスバーガー パンプキンスープ 106 85
8  フレッシュネスバーガー コールスローサラダ 94 75
9  フレッシュネスバーガー アボカドバーガー (シングル) 94 86
10  フレッシュネスバーガー チーズドッグ 82 72

※2018カロミル食生活実態調査データ ファストフード系外食メニュー摂取状況篇
※同一メニューは異なるサイズのデータも全て合算しています

次は「フレッシュネスバーガー」です。TOP10にあがったハンバーガーメニューは「アボカドバーガー(シングル)」の1品のみで、他は全てサイドメニューでした。また、ハーブティが3品、スープが2品ランクインしているのは「フレッシュネスバーガー」の大きな特徴と言えるでしょう。

上位5店以外の店舗で印象的だったのは「ファーストキッチン」のランキングです。
1位に「カルボナーラ」、7位「海老とアボカドのジェノベーゼ」とパスタが2品もTOP10にランクインしていました。かつて「ファーストキッチン」の定番メニューと言えば「ベーコンエッグバーガー」でしたがランキングは9位となっており、定番メニューも時代とともに移り変わっているようです。

「ハンバーガー」というカテゴリーの中でも、その店舗ごとに特徴があり、カロミルユーザーは目的や気分に応じて上手に使い分けているのですね。

まとめ

今回は「ファストフード系外食の利用実態(2)」【ハンバーガー/サンドウィッチ店編】として調査しました。一般的なデータとも比較してみることで、カロミルユーザーの特徴や傾向が見えてきます。

ファストフードを利用する際にも、
・野菜の摂取量を少しでも増やす
・タンパク質をしっかり摂り、糖質は可能な限り減らす
・脂質については時には気にせず食べたいものを食べる
といった意識があるように感じました。

次回は「(3)ラーメン/中華料理店編」をお届けいたします。どうぞ続けてご覧ください。

データの算出方法

AIが食事を数値化する栄養管理・ダイエットアプリ「カロミル」のデータを元に算出しました。

※このデータは同一人物の複数回数入力を含みます。

カロミルは、カロリーのみでなく、糖質やたんぱく質の管理ができるようになっていますので、ロカボ・ダイエットや糖質制限にもご活用いただいています。

また、塩分や食物繊維の計算・記録もできますので、ダイエットのみならず、栄養バランス管理で健康管理にお役立ていただいています。