ダイエット中はどう食べる? パスタの消費動向をヘルスケアアプリから集計

すっかりおなじみの主食となったパスタ。糖質制限ダイエットがブームになる中、どのようなパスタが食べられているのでしょうか。
ヘルスケアアプリ「カロミル」ユーザーの食事登録データからパスタの消費動向を調査しました。
利用データ:カロミル食生活実態調査 2018年

■カロミルユーザーが食べた「パスタ」のメニューランキング

まずはカロミルユーザーの登録データから年間「パスタ」登録数ランキングTOP30を見てみましょう。

表1.カロミルユーザー「パスタ」登録数ランキングTOP30

順位 店舗名+メニュー名 登録数 登録ユーザ数
1 一般料理 マカロニサラダ 10,453 4,677
2 一般料理 ミートソーススパゲッティ 6,646 4,048
3 一般料理 ナポリタンスパゲッティ 6,629 3,888
4 一般料理 たらこスパゲッティ 3,599 2,312
5 一般料理 パスタサラダ 3,231 1,857
6 一般料理 スパゲティー/マカロニ パスタ (乾燥) 9,881 4,188
7 一般料理 マカロニチキングラタン 2,839 1,978
8 一般料理 ペペロンチーニスパゲッティ 2,578 1,693
9 一般料理 トマトスパゲッティ 1,905 1,377
10 一般料理 めんたいこスパゲッティ 1,632 1,126
11 一般料理 クリーミーカルボナーラ 1,627 1,300
12 一般料理 ペペロンチーノ(しらす)パスタ 1,212 928
13 一般料理 えびマカロニグラタン 1,141 842
14 一般料理 カルボナーラスパゲッティ 1,100 859
15 一般料理 ツナパスタ 936 712
16 一般料理 ペンネアラビアータ 928 694
17 味の素 クノール スープDELI まるごと1個分完熟トマトのスープパスタ(容器入) 828 501
18 一般料理 ボンゴレビアンコスパゲッティ 816 685
19 ファーストキッチン カルボナーラ 785 644
20 一般料理 モッツァレラチーズとトマトのパスタ 778 618
21 一般料理 弁当用ケチャップスパゲッティ 776 438
22 一般料理 パスタソース (ミートソース) 758 517
23 一般料理 きのこスパゲッティ 751 576
24 ローソン 豚しゃぶのパスタサラダ 693 517
25 味の素 クノール スープDELI ポルチーニ香るきのこのクリームスープパスタ(容器入) 629 427
26 サンマルク クリームパスタ 615 516
27 味の素 クノール スープDELI たらこクリームスープパスタ<豆乳仕立て>(容器入) 555 366
28 イタリアントマトカフェJr. トマトソースパスタ 498 422
29 セブンイレブン 豚しゃぶパスタサラダ 476 348
30 セブンイレブン プリプリ海老のパスタサラダ 411 292

2018カロミル食生活実態調査データ パスタ摂取状況篇

1位は「マカロニサラダ」でした。

パスタ特集で1位が「マカロニサラダ」になるとは驚きを隠せません。単品で食べることはあまりないと思いますので、外食時の付け合わせやお弁当の副菜など、食事で遭遇する頻度が高いということでしょうか。

2位は「ミートソーススパゲッティ」

3位は「ナポリタンスパゲッティ」

4位は「たらこスパゲッティ」と続いています。

登録された回数の多いランキングですので、納得のラインナップではあります。しかし、これまでの調査結果と比較すると一般的なランキングに近いのではないかと感じます。表現を変えると「子どもの好きなパスタランキング」のようなラインナップに見えます。

その後のランキングを見ても、「パスタサラダ」「食材としての『スパゲティ・マカロニ』」「チキンマカロニグラタン」と続いており、先ほど感じた傾向のままです。

これまでの分析結果から、「和風きのこパスタ」「山菜のパスタ」「しらすと大根おろしのパスタ」といったようなヘルシー食材を使ったパスタが上位にあがってくると(勝手に)予測していましたがそうではないようです。

パスタを食べる際には、自身の好みのメニューを選択する傾向が強いようですね。

 

■外食・市販品で人気のブランドは? カップのスープパスタが人気を集めました

表2.カロミルユーザーの外食店・市販品でのパスタ摂取ランキングTOP30

順位 店舗名+メニュー名 登録数 登録ユーザ数
1 味の素 クノール スープDELI まるごと1個分完熟トマトのスープパスタ(容器入) 828 501
2 ファーストキッチン カルボナーラ 785 644
3 ローソン 豚しゃぶのパスタサラダ 693 517
4 味の素 クノール スープDELI ポルチーニ香るきのこのクリームスープパスタ(容器入) 629 427
5 サンマルク クリームパスタ 615 516
6 味の素 クノール スープDELI たらこクリームスープパスタ<豆乳仕立て>(容器入) 555 366
7 イタリアントマトカフェJr. トマトソースパスタ 498 422
8 セブンイレブン 豚しゃぶパスタサラダ 476 348
9 セブンイレブン プリプリ海老のパスタサラダ 411 292
10 サイゼリヤ トマトクリームスパゲティ 362 288
11 味の素 クノール スープDELI サーモンとほうれん草のクリームスープパスタ(容器入) 355 258
12 セブンイレブン 甘辛鶏マヨのパスタサラダ 349 272
13 ナポリの食卓 和風パスタ(エリンギ、えのき、しめじ、ベーコン) 324 270
14 キャナリィ・ロウ きのこのクリームパスタ 323 280
15 カフェ リゴレット サーモンクリームパスタ 309 283
16 キユーピー あえるパスタソース たらこ 289 178
17 はごろもフーズ ポポロスパ CarbOFF(カーボフ) 287 149
18 居酒屋まめぞ 明太クリームパスタ 280 247
19 味の素 クノールスープDELI エビのトマトクリームスープパスタ(容器入) 208 154
20 デニーズ ナポリタン 204 154
21 ガスト トマトソーススパゲティ 202 178
22 冷凍 日清もちっと生パスタ 牛挽肉とまいたけのクリーミーボロネーゼ 200 150
23 サイゼリヤ アラビアータ  197 178
24 冷凍 日清スパ王プレミアム 牛挽肉のボロネーゼ 191 140
25 ダ・パオロ パスタ じっくり煮込んだボロネーゼソース(M) 190 169
26 ローソン 豚しゃぶの胡麻だれパスタサラダ 188 153
27 ポポラマーマ きのことベーコンのバジリコペペロンチーノ(きのこ、ベーコン、パスタ、野菜) 187 166
28 イタリアンパスタ屋 ボロネーゼ 麺165g 186 165
29 サイゼリヤ カルボナーラ 176 158
30 プロント 小海老のトマトクリームパスタ 176 167

2018カロミル食生活実態調査データ パスタ摂取状況篇

表2.はコンビニエンスストア・外食店・市販品のデータによるパスタメニュー登録数TOP30です。

1位は「味の素クノールスープDELII まるごと1個分完熟トマトのスープパスタ」でした。

カップスープが1位ですね。カップスープなので、ボリュームのある汁物として昼食に食べるケースが多いと推察します。市販のカップスープでランクインしていたのは味の素クノールスープDELIシリーズのみで、TOP50に4品あがっていました。バリエーションも豊かなので昼食のレギュラーローテーションに入っているのではないでしょうか。

2位が「ファーストキッチン カルボナーラ」です。ファストフード店という点も意外ですが、チーズやベーコンたっぷりのカルボナーラというチョイスも意外です。

3位は「ローソン 豚しゃぶのパスタサラダ」ということで、ここでようやくヘルシーイメージのあるメニューが出てきました。ただのサラダだけでは物足りないけれども、パスタが入っていることで主食・主菜・副菜を1品でまかなえる感覚の優れものメニューです。

 

TOP30のなかでコンビニエンスストアのメニューがランクインしたのは全部で5品。

ローソン2品、セブンイレブン3品でいずれもパスタサラダでした。カロミルユーザーはコンビニエンスストアではヘルシーなパスタメニューを選ぶようです。

こうして見てみると、コンビニエンスストアのメニューや市販品を利用して昼食などにする際にはカップスープやパスタサラダなどのカロリーコントロール目的のメニューが中心のようです。

一方で、外食する際のチョイスはクリーム系またはトマトクリーム系が多い傾向がありました。外食する際にはカロリーのことを考えずに好きなメニューを選んでいるようですね。

まとめ

今回は「パスタ」の摂取実態を分析してみました。

糖質をコントロールしようと思ったとき、外食メニューを見ると「米飯」「パン」「パスタ・麺類」は3大糖質メニューとして私たちの前に立ちはだかります。一方で、GI値(食後の血糖値の上昇スピードを表す数値:数値が高ければ血糖値の上昇スピードが早く、低ければ遅いことを表しています)が白米よりも2割以上低いパスタはダイエット向きの食材であるという考え方もあります。


美容と健康への意識が高いカロミルユーザーもカロリーコントロールや糖質コントロール、そして楽しい食事との間で日々葛藤しているのかもしれません。
今後も糖質の摂り方については注目してまいります。ご期待ください。

データの算出方法

AIが食事を数値化する栄養管理・ダイエットアプリ「カロミル」のデータを元に算出しました。

※このデータは同一人物の複数回数入力を含みます。

カロミルは、カロリーのみでなく、糖質やたんぱく質の管理ができるようになっていますので、ロカボ・ダイエットや糖質制限にもご活用いただいています。

また、塩分や食物繊維の計算・記録もできますので、ダイエットのみならず、栄養バランス管理で健康管理にお役立ていただいています。