健康意識の高い人は果物を食べているのか?そしてどんなものが人気なのか?

近年は若者を中心にフルーツ離れが進んでいるといわれています。今回は、健康や美容に高い意識を持っている人たちの果物の摂取状況と日本全体の傾向とを比較しながら、実態に迫ってみます。

利用データ:カロミル食生活実態調査 2018年

カロミル利用者による果物喫食頻度ランキング

まずはこの1年間での喫食頻度をランキングで見てみましょう。

 

<果物 喫食頻度ランキング>
順位 内容 喫食頻度
1位 バナナ 164,766
2位 りんご 62,887
3位 みかん 43,666
4位 キウイフルーツ(ゴールド含む) 40,614
5位 アボカド 39,213
6位 いちご 18,252
7位 ぶどう(各品種トータル) 17,305
8位 14,722
9位 すいか 10,883
10位 パイナップル 10,432
11位 10,023
12位 ブルーベリー 9,254
13位 オレンジ 8,166
14位 グレープフルーツ 7,237
15位 メロン 5,958

(2018カロミル食生活実態調査データより)

1位がバナナであることは予想通りでしたが、他の果物との差が想像以上に大きい印象です。

そして、2位:りんご ・ 3位:みかん という上位3つは年代別男女別で分けても同じ傾向が見られましたが、唯一30代男性だけTOP3が異なっており、

1位:バナナ ・ 2位:りんご ・ 3位:アボカド ・ 4位:みかん

という結果でした。

 

<30代男性>
順位 内容 喫食頻度
1位 バナナ 20,117
2位 りんご 3,069
3位 アボカド 2,287
4位 みかん 1,711

(2018カロミル食生活実態調査データより)

年代別男女別で見たときに、アボカドが上位(5位まで)にランクインしていたのは以下の通りです。

◆女性

10代(5位)
20代(4位)
30代(4位)
40代(4位)

◆男性

20代(4位)
30代(3位)
40代(4位)

そもそもアボカドを果物としてカウントするかどうかは議論の余地がありますが、今回は果物として集計しています。

アボカドは日本の食生活に取り入れられるようになってからまだ日が浅いこともあり、比較的若い世代で喫食頻度が高い傾向にあります。そのなかでもなぜ30代男性が突出して頻度が高いのかはデータからだけでは読み取ることができませんが、アボカドの栄養価的な価値と味覚的な好みが両立する食材ということで健康意識の高い方のなかではますます注目される食材といえるでしょう。


日本全体の果物摂取傾向は?

農林水産省「食料需給表」のデータによれば、果実の供給量そのものはここ20年以上横ばいで推移しているものの、生鮮果実の購入数量は減少する一方であり、加工品の購入数量が増加しているものと推測されます。

11_graph01総務省「家計調査」より ※二人以上の世帯を対象
単位:kg/年・1人

総務省「家計調査」を基にしたグラフでみると、生鮮果実そのものの購入数量が減少の一途であることがわかります。そのなかでも、「うんしゅうみかん」や「りんご」といった国産果実が大きく減少し、バナナの購入数量が増加傾向にあります。

同調査では食料支出に占めるデザート類の支出割合の経年変化もデータが出ていますが、デザート類では「菓子類」や「飲料」への支出は増加傾向にあるのに対して、「果物」への支出は減少する一方となっています。

公益財団法人中央果実協会の平成26年度「果実の消費に関するアンケート調査」によると、“生鮮果実を毎日は摂らない理由”として、

1位:日持ちせず買い置きできない(42.2%)
2位:値段が高い(39.1%)
3位:皮をむく手間がかかる(29.7%)

といった理由が挙げられています。

果物の摂取を増やすポイントとしては、「日持ちがよい」「少人数の家庭に合わせたバラ売り」「手間がかからず食べやすい」といった点にありそうです。

そうした点からみると、バナナやみかんは包丁やまな板を必要とせずすぐに食べられる果物ですが、消費傾向が大きく異なってしまったのは何故なのでしょうか。

バナナのほうがみかんよりも購入しやすい点として、

・コンビニやコーヒーショップなどでも手軽に購入できる
・1本でも購入できる
・価格が手ごろ
・食べごたえがあり、朝食や昼食にそのまま利用できる(みかんでは食事がわりになりにくい)

といったポイントが幅広い年代や世帯に受け入れられているのかもしれません。

家庭における「こたつ離れ」により、みかんの居場所がなくなっていることも要因の一つといえそうです。

まとめ

今回の調査では、日本全体の果物の消費傾向と、健康意識の高い方の果物の喫食傾向が同様であることはわかりました。

核家族化や食事にかかる手間を省力化したいという傾向など、社会の変化が食生活に与える影響も見えてきました。そこに健康志向や疾病予防の観点が加わって今後どのような食生活の傾向が見えてくるのか興味深いところです。今後も継続して調査してまいります。

データの算出方法

AIが食事を数値化する栄養管理・ダイエットアプリ「カロミル」のデータを元に算出しました。

※このデータは同一人物の複数回数入力を含みます。

カロミルは、カロリーのみでなく、糖質やたんぱく質の管理ができるようになっていますので、ロカボ・ダイエットや糖質制限にもご活用いただいています。

また、塩分や食物繊維の計算・記録もできますので、ダイエットのみならず、栄養バランス管理で健康管理にお役立ていただいています。