糖質制限が一般的になってきている現在、米食の摂取実態をさぐる

現在、健康意識の高い人や美容に関心の高い人、ダイエットしている人のなかでは糖質制限は手段のひとつとして一般的になってきました。

今回は、米食を中心としてきた日本人が、炭水化物の多様化と糖質制限の常態化のなかでどのように米を食しているのかをさぐります。

利用データ:カロミル食生活実態調査 2018年

米を使用したメニュー出現頻度ランキング

まずは米を使用したメニューの出現頻度ランキングを見てみましょう。

 

<米を使用した家庭料理メニュー TOP10>
順位 メニュー 出現頻度
1位 ごはん(白米) 549,246
2位 玄米ごはん 65,391
3位 雑穀米 44,290
4位 もち麦ごはん(もち麦:白米=1:1) 26,190
5位 おにぎり(鮭) 18,055
6位 おにぎり(塩) 16,327
7位 カレーライス(ポーク) 13,872
8位 卵かけごはん 12,000
9位 おにぎり(梅干し) 9,431
10位 おにぎり(昆布) 8,959

2018カロミル食生活実態調査データより(対象:カロミルユーザー10代~100代男女)

当然というべきか、やはり「ごはん(白米)」の出現頻度が突出しています。TOP10の出現頻度の中でみると72%を占めています。2位の「玄米ごはん」との差は10倍近く、やはり日本人の食生活の中心は白米のごはんであることがわかります。

カロミル食生活実態調査ではパンの摂取実態も調査していますが、参考までにパン(プレーンなパン部門)の出現頻度ランキングをみると、1位の食パンに対して白米ごはんは約6倍の出現頻度となっています。

米離れで食卓が洋食化してきているとはいえ、やはりまだ白米は食事の中心になっていることがわかります。

【参考】

「パン」出現頻度ランキング【プレーンなパン部門】
順位 内容 出現頻度
1位 食パン 91,334
2位 ローソン ブランパンシリーズ 46,554
3位 フランスパン 17,034
4位 ロールパン 14,092
5位 全粒粉パン 8,116
6位 おからパン 7,241
7位 ライ麦パン 6,554
8位 低糖質/糖質カットパン 4,434
9位 米粉/玄米パン 3,791
10位 塩/塩バターパン 3,581

※プレーンなパン・・・穀物やそれに準ずる材料および調味料のみ使用したパン(2018カロミル食生活実態調査より 対象ユーザー107,752人)

では外食・中食での米を使用したメニューの出現頻度ランキングを見てみましょう。

 

<米を使用した外食・中食メニュー TOP10>
順位 メニュー 出現頻度
1位 セブンイレブンおにぎり(紅しゃけ) 12,749
2位 セブンイレブンおにぎり(ツナマヨネーズ) 9,593
3位 餃子の王将 チャーハン 8,251
4位 玄米定食屋あえん 玄米80g 5,391
5位 セブンイレブンおにぎり(辛子明太子) 4,908
6位 セブンイレブンおにぎり(日高昆布) 3,656
7位 セブンイレブンもち麦もっちり!梅こんぶおむすび 3,184
8位 セブンイレブンおにぎり(紀州南高梅) 3,135
9位 ローソンもち麦入おにぎり 枝豆と塩昆布 2,978
10位 日高屋 半チャーハン 2,692

2018カロミル食生活実態調査データより(対象:カロミルユーザー10代~100代男女)

家庭料理と比較すると出現頻度は大きく下がっています。

そのなかでも大半を占めたのはコンビニエンスストアのおにぎりでした。特にセブンイレブンのおにぎりバリエーションが多数ランク入りしています。そしてランクインしているのは変わり種ではなくやはり定番の具材です。


年代別男女別でみる米の摂取実態

それでは、米を使用したメニューの年代別男女別出現頻度ランキングを見てみましょう。

調査対象の年代は10代から100歳代にわたっていますが、ある程度データ量の揃っている10代から60代の男女を対象に集計しました。

 

<10代女性> <10代男性>
順位 メニュー 出現頻度 順位 メニュー 出現頻度
1位 ごはん(白米) 30,471 1位 ごはん(白米) 15,559
2位 雑穀米 2,258 2位 おにぎり(塩) 482
3位 もち麦ごはん(もち麦:白米=1:1) 1,630 3位 カレーライス(ポーク) 292
4位 玄米ごはん 1,289 4位 セブンイレブンおにぎり(紅しゃけ) 271
5位 おにぎり(塩) 1,236 5位 玄米ごはん 216
<20代女性> <20代男性>
順位 メニュー 出現頻度 順位 メニュー 出現頻度
1位 ごはん(白米) 96,897 1位 ごはん(白米) 84,369
2位 玄米ごはん 13,158 2位 玄米ごはん 3,394
3位 雑穀米 11,466 3位 おにぎり(さけ) 3,378
4位 もち麦ごはん(もち麦:白米=1:1) 7,914 4位 セブンイレブンおにぎり(紅しゃけ) 3,152
5位 おにぎり(塩) 3,935 5位 雑穀米 2,908
<30代女性> <30代男性>
順位 メニュー 出現頻度 順位 メニュー 出現頻度
1位 ごはん(白米) 56,437 1位 ごはん(白米) 63,168
2位 雑穀米 5,904 2位 おにぎり(さけ) 2,689
3位 もち麦ごはん(もち麦:白米=1:1) 5,773 3位 雑穀米 2,640
4位 玄米ごはん 4,058 4位 玄米ごはん 2,556
5位 おにぎり(さけ) 1,793 5位 セブンイレブンおにぎり(紅しゃけ) 2,345
<40代女性> <40代男性>
順位 メニュー 出現頻度 順位 メニュー 出現頻度
1位 ごはん(白米) 43,466 1位 ごはん(白米) 56,784
2位 玄米ごはん 5,182 2位 おにぎり(さけ) 2,458
3位 雑穀米 4,448 3位 玄米ごはん 2,070
4位 もち麦ごはん(もち麦:白米=1:1) 4,183 4位 セブンイレブンおにぎり(紅しゃけ) 1,824
5位 おにぎり(さけ) 1,255 5位 カレーライス(ポーク) 1,777
<50代女性> <50代男性>
順位 メニュー 出現頻度 順位 メニュー 出現頻度
1位 ごはん(白米) 18,652 1位 ごはん(白米) 33,312
2位 玄米ごはん 2,070 2位 雑穀米 1,388
3位 雑穀米 1,872 3位 おにぎり(さけ) 1,207
4位 もち麦ごはん(もち麦:白米=1:1) 1,628 4位 カレーライス(ポーク) 1,200
5位 おにぎり(さけ) 591 5位 おにぎり(梅干し) 811
<60代女性> <60代男性>
順位 メニュー 出現頻度 順位 メニュー 出現頻度
1位 ごはん(白米) 2,977 1位 ごはん(白米) 9,962
2位 玄米ごはん 357 2位 玄米ごはん 1,034
3位 雑穀米 340 3位 もち麦ごはん(もち麦:白米=1:1) 753
4位 カレーライス(ポーク) 133 4位 おにぎり(塩) 320
5位 いなり寿司 129 5位 いなり寿司 279

2018カロミル食生活実態調査データより(対象:カロミルユーザー10代~60代男女)

年代別男女別でみると、女性の場合10代から50代までのTOP5はほぼ同じような構成でした。

全ての年代で男女ともに1位は突出して「ごはん(白米)」であり、2位のメニューの約10倍の出現頻度となっていますが、20代女性では2位の「玄米ごはん」の比率が高め、という結果となりました。

白米や白砂糖のような精製された食材よりも、未精製の炭水化物を摂取するほうが疾病予防にも栄養価的にも望ましいことは常識となりつつあります。玄米については年齢が高いほど比率が高くなると予想していましたが、若い世代にも玄米を摂取する意識が高まっているといえるでしょう。

男性の傾向としては、「ごはん(白米)」が突出して1位であることは当然ですが、女性のデータと比較すると2位以下との差が格段に大きいことが特徴的です。

今回のデータでは、全体登録ユーザーのおおよその比率が

女性:男性=2:1

であることを考えると、男性における「ごはん(白米)」の出現頻度が女性の数倍に該当することがみえてきます。雑穀米やもち麦ごはんなどの出現頻度も女性と比較して低く、おにぎりやカレーライスがランク入りしており、男性が“白いごはん”を食事の中心に置いていることを示しています。

まとめ

糖質を控える傾向は今後も続くと思われますが、一方でパスタやパンのように摂取の際に塩や脂をとりがちな糖質よりも米のほうがシンプルに摂取できるという点が見直されています。玄米や雑穀など食材の状態によっては大きなメリットがあることも注目されています。

今後も米を含めた炭水化物・糖質の摂取がどのように変化していくかに注目してまいります。

データの算出方法

AIが食事を数値化する栄養管理・ダイエットアプリ「カロミル」のデータを元に算出しました。

※このデータは同一人物の複数回数入力を含みます。

カロミルは、カロリーのみでなく、糖質やたんぱく質の管理ができるようになっていますので、ロカボ・ダイエットや糖質制限にもご活用いただいています。

また、塩分や食物繊維の計算・記録もできますので、ダイエットのみならず、栄養バランス管理で健康管理にお役立ていただいています。