ダイエット中に人気の「サラダチキン」、ヘルスケアアプリのデータ16万件から見えてきた消費動向

高タンパクでヘルシーなことから、健康や美容に意識が高い方々に大人気の「サラダチキン」。
この食品はいつ、どのように食べられているのでしょうか? ヘルスケアアプリ「カロミル」ユーザーの食事登録データ16万件から、「サラダチキン」の消費動向を調査しました。
利用データ:カロミル食生活実態調査 2018年

<調査結果の要約>

  • ・半数近くのユーザーが「昼食」にサラダチキンを利用
  • ・メーカー別では「セブンイレブン」が1位(構成比59.3%)
  • ・「セブンイレブン サラダチキン プレーン」が最も人気
  • ・コンビニ以外の商品もランクイン


■時間は「昼食時」が過半数、サラダチキンを食べるのは「いつ」?


まずはカロミルユーザーが「サラダチキン」をいつ食べているのかを見てみましょう。

表1.カロミルユーザーの時間帯別サラダチキン登録状況

時間帯 登録回数 登録ユーザー
朝食 31,376 12,811
昼食 74,074 27,735
夕食 45,150 21,182
間食 12,721 6,576
トータル 163,321 68,304

※2018カロミル食生活実態調査データ サラダチキン摂取状況篇

 

グラフ1.カロミルユーザーのサラダチキン登録回数<時間帯別構成比>

表1.は2018年1/1~12/31の1年間に登録されたサラダチキンの時間帯ごとのデータです。
そして、グラフ1.は時間帯別の登録回数を構成比を円グラフで示します。

半数近くの人が「昼食」に利用していることがわかります。朝食にも夕食にも利用されているのは、サラダチキンがそのまま食べることもでき、料理に使うこともできる汎用性の高さでしょうか。また、間食として利用する人も1割近くに。現在のサラダチキンは形状やフレーバーなどバリエーションが豊富です。スティック状のサラダチキンなどは片手で手軽に食べられるため、ヘルシーで食べごたえのある間食にぴったりなのかもしれません。

 

■どのブランドが好きですか? 人気のサラダチキンランキング


表2.「サラダチキン」カロミルユーザー登録回数TOP20

順位 内容 登録回数 登録ユーザー
1位 セブンイレブン サラダチキン プレーン 43,828 9,934
2位 セブンイレブン サラダチキン ハーブ 11,738 4,359
3位 ローソン サラダチキン(スモーク) 11,303 3,300
4位 セブンイレブン サラダチキン スモーク 6,205 2,270
5位 ローソン サラダチキン(ハーブ) 6,049 2,569
6位 セブンイレブン ほぐしサラダチキン 5,957 1,705
7位 ファミリーマート タンドリーチキン風国産鶏サラダチキン 4,115 1,791
8位 ファミリーマート RIZAP サラダチキンバー 3,924 1,425
9位 ファミリーマート サラダチキン 3,134 1,491
10位 伊藤ハム サラダチキン(ハーブ) 3,010 1,294
11位 ローソン サラダチキンスティック バジル 3,001 1,177
12位 ファミリーマート 3種のハーブ&スパイス 国産鶏サラダチキン 2,603 1,359
13位 伊藤ハム サラダチキン(プレーン) 2,060 955
14位 ファミリーマート サラダチキンソーセージ 1,560 706
15位 トップバリュ サラダチキンむね肉 プレーン 1,076 520
16位 伊藤ハム サラダチキン(スモーク) 1,048 412
17位 ローソン サラダチキンスティック プレーン 1,018 534
18位 アマタケ サラダチキン ハーブチキン 1,017 549
19位 ファミリーマート サラダチキン カラムーチョ 817 471
20位 アマタケ サラダチキン プレーン 717 356

※2018カロミル食生活実態調査データ サラダチキン摂取状況篇
※メーカー/販売店舗が指定されているデータのみを集計。自宅調理、メーカー不明のデータは除く。

 

表2.はカロミルユーザーの食事記録で登録回数の多い「サラダチキン」上位20品を一覧にしました。
メーカーや販売店舗が特定されているデータのみを集計し、自宅で調理したデータやメーカー不明のデータは除いています。
とは言え、除いたデータは上位20位までのなかで3品しかありませんでした。それだけ「○○のサラダチキン」と明確に意識したうえで購入している、と言えるでしょう

そして上位20位のうち、主にコンビニエンスストアで販売されている商品は14品で7割を占めています。カロミルユーザーの多くは「サラダチキン」を「コンビニエンスストア」で購入していることもわかります。

それでは、表2.のデータをもう少し詳しく分析してみましょう。


表3.上位20位までの商品におけるメーカー/販売店舗別登録回数および構成比

順位 メーカー/販売店舗 ランクインした品数 登録回数 構成比
1位 セブンイレブン 4品 67,728 59.3%
2位 ローソン 4品 21,371 18.7%
3位 ファミリーマート 6品 16,153 14.1%
4位 伊藤ハム 3品 6,118 5.4%
5位 アマタケ 2品 1,734 1.5%
6位 トップバリュ 1品 1,076 0.9%

※2018カロミル食生活実態調査データ サラダチキン摂取状況篇
※メーカー/販売店舗が指定されているデータのみを集計。自宅調理、メーカー不明のデータは除く。

 

表3.では、上位20位までの商品をメーカー/販売店舗ごとに集計したデータです。

6割を占めるのは「セブンイレブン」の商品でした。「プレーン」「ハーブ」「スモーク」といったフレーバーの違いに加えて、「ほぐしチキン」という形状のバリエーション商品もランクインしています。
特に「セブンイレブン サラダチキン プレーン」は、上位20品までの全商品の登録回数総合計を100としたときの構成比が1品だけで38.4%を占めており、圧倒的な人気の高さを示しています。

年代別男女別での登録回数を見ても、全ての年代(10代~60代)の男女ともに「セブンイレブン サラダチキン プレーン」が1位となっています。

インターネットやSNSで「サラダチキン」を検索すると、プレーンのサラダチキンをサラダやスープに加えたり、マヨネーズや唐辛子など好みの味つけをしたりとアレンジ情報が多数出てきます。そうした意味でも「プレーン」が扱いやすいのかもしれません。

まとめ

今回は人気の「サラダチキン」がどのように利用されているのかを調査しました。ヘルシーな鶏むね肉であること、すぐに食べられる手軽さ、アレンジできる幅の広さなどがカロミルユーザーにフィットしているようです。
これからも利用者が増えそうなサラダチキン。今後どのような動きがあるのかに注目していきます。

データの算出方法

AIが食事を数値化する栄養管理・ダイエットアプリ「カロミル」のデータを元に算出しました。

※このデータは同一人物の複数回数入力を含みます。

カロミルは、カロリーのみでなく、糖質やたんぱく質の管理ができるようになっていますので、ロカボ・ダイエットや糖質制限にもご活用いただいています。

また、塩分や食物繊維の計算・記録もできますので、ダイエットのみならず、栄養バランス管理で健康管理にお役立ていただいています。